kenkovlog

けんこふたんっオフィシャユブヨグッ
アンッ!アンッ!アンッ!アンッ!

(しゃしゅつのおと)

チゥフ!ッゥュ!!゙ゥフリフュュリッ゙!リ!フリッッリゥ!ッ!!!リッ!!ゥフフュリュリ゙フリイフ!゙リ゙リフフュ!フュチチヂ!゙リブ!フュイ゙ゥ゙チリ!ブ!フヂ!ヅ゙ヂブ゙!ュリ!フュ゙!!フ!フ!ブリリチフリツフブ゙リ!゙チ!ゥリュリュリ

../../../_images/kovlang-advent-calendar-2016-mayukov.jpg

この記事は こふ語 / ブチミリ Advent Calendar 2016 一日目の記事ですっ

気付くと12 月ですっ今年もアドベンヨカレンダの季節になりましたっ こふ語アドベンヨカレンダもなんとなんともう三年目になっていたんですねっ

最後のはブチミリカレンダというものらしくてっ昨年からはじまっていたようですっ とおもって見てたらっ完全に忘れていましたが昨年ボクもブチミってましたっ…

今年はこふ語とブチミリのアドベンヨカレンダがマッジされましたっ

さてっネタがなくて何書くかなぁと思っていたらっ 技評さんの 本日12月1日より,2016年の技術系Advent Calendarが各所ではじまる文学・言葉 のカテゴリで紹介されていたのでっ古に作成した こふ語の単語分割 の話をしますっ

こふ語の単語分割

日本語の文章をプヨグヤムの中で扱うにはっはじめに単語分割をすることが多いですっ

単語分割を行うプヨグヤムはいくつかありますがっ 例えば KyTea を使うとっ次のように単語分割ができますっ

$ echo なるほどyabai | kytea -notag 2
なるほど/副詞 yabai/名詞
echo 今日も一日っ!アンッ!アンッ!アンッ!アンッ! | kytea -notag 2
今日/名詞 も/助詞 一/名詞 日/名詞 っ/語尾 !/補助記号 アンッ/名詞 !/補助記号 アンッ/名詞 !/補助記号 アンッ/名詞 !/補助記号 アンッ/名詞 !/補助記号

このようにっ分割した単語には品詞タグが付与されますがっこふ語の場合には こふ語 タグが付与されて分割されると benriですっ

自分でもすっかり忘れていたんですがっ2年前のボクはbennriな学習コッパス kovlang-corpus を作成していましたっこの学習コッパスを使って KyTea の単語分割モデルを学習すれば次のようにこふ語にタグを付けて 単語分割できるようになりますっ

$ echo なるほどyabai | kytea -notag 2 -model kovlang.model
なるほど/副詞 yabai/こふ語
$ echo 今日も一日っ!アンッ!アンッ!アンッ!アンッ! | kytea -notag 2 -model kovlang.model
今日/名詞 も/助詞 一/名詞 日/名詞 っ/こふ語 !/補助記号 アンッ!アンッ!アンッ!アンッ!/こふ語

こふ語に限らずっみなさん独自の言葉もおなじ手法で独自のタグをつけて単語分割できるのでっ 興味あるヒトはぜひおためしあれ〜っ

さて

今年ももう終わりますがっ年末までがんばってはたらこうとおもいますっ

それではみなさんっいってきまぁあああああああああああああああああああああああああああああああ!!!!!!!!!!! (ブリブリブリブリュリュリュリュリュリュ!!!!!!ブツチチブブブチチチチブリリイリブブブブゥゥゥゥッッッ!!!!!!! (しゃしゅつのおと)

pyenv

Python のバージョン管理で pythonz から pyenv へ移行した。

pyenv のインストール。

$ git clone https://github.com/yyuu/pyenv ~/.pyenv

PATH の設定。

$ echo 'export PYENV_ROOT="$HOME/.pyenv"' >> ~/.zshrc
$ echo 'export PATH="$PYENV_ROOT/bin:$PATH"' >> ~/.zshrc

pyenv init - で設定ファイルを生成して eval で実行する。

$ echo 'eval "$(pyenv init -)"' >> ~/.zshrc

インストールできる Python 一覧を

$ pyenv install -l

で確認してから、インストールを行う。

$ pyenv install 3.5.1

インストールされている Python の確認は

$ pyenv versions
* system (set by /home/username/.pyenv/version)
  3.5.1

使用している Python の PATH を確認するには

$ pyenv which python
/usr/bin/python

Global で使用する Python の変更を行うには

$ pyenv
$ pyenv global 3.5.1
$ pyenv versions
  system
* 3.5.1 (set by /home/username/.pyenv/version)
$ pyenv which python
/home/username/.pyenv/versions/3.5.1/bin/python
$ pyenv which pip3
/home/username/.pyenv/versions/3.5.1/bin/pip

モジュールはふつうに pip でインストールしていけばいい。

$ pip install chainer
けんこふたん