kenkovlog

けんこふたんっオフィシャユブヨグッ
アンッ!アンッ!アンッ!アンッ!

2012.07.15 Arch Linux インストール

Arch Linux の新しいインストールイメージが2012.07.15 に出ました!

最大の変更点はAIF (Arch Installation Framework) がなくなったことです。 今までのインストーラはAIF が附属していたので、 インストールする時は/arch/setup でインストーラ(青い画面のメニュー方式のインストーラ) を起動してArch Linux をインストールすることが出来ました。

今回からはAIF が附属していないのでコンソールから Arch Linux をインストールする必要があります。

その方法を以下に書きます。(詳しくは こちら に出ています。)

まずは最新のインストールイメージarchlinux-2012.07.15-netinstall-dual.isoを ダウンロード します。 ダウンロードしたら、インストールイメージからArch Linux を起動します。

パーティッションとファイルシステム

まずはディスクのパーティッションをします。 cfdisk というコマンドを使ってパーティッションを行うことができます。

# cfdisk /dev/sda

今回僕は

  • /dev/sda1 ... /boot
  • /dev/sda5 ... swap
  • /dev/sda6 ... /
  • /dev/sda7 ... /home

にしました。

次にファイルシステムを構築しましょう。

# mkfs.ext3 /dev/sda1
# mkfs.btrfs /dev/sda6
# mkfs.btrfs /dev/sda7

これでパーティッションとファイルシステムはOK です。

最後にマウントします。

# mount /dev/sda6 /mnt
# mkdir /mnt/home && mkdir /mnt/boot
# mount /dev/sda7 /mnt/home
# mount /dev/sda1 /mnt/boot

インターネットに繋ぐ

有線LAN を使ったので、簡単に繋ぐことが出来ました。

# ifconfig eth0
# dhcpcd eth0

無線の場合はwpa_supplicant などを使いましょう。

あと、プロキシ環境下にいる場合は環境変数http_proxy の設定をしましょう。

# export http_proxy=http://proxy.server:8080

などすればよいです。

ベースシステムのインストール

pacstrap を使います。

pacstrap /mnt base base-devel

これを行うことで、/mnt 以下にbase とbase-devel のパッケージがインストールされます。

次にGRUB をインストールします。 今回から、grub legacy はサポート外になりました。ですのでgrub2 をインストールします。

# pacstrap /mnt grub-bios

システムの設定

まずfstab を作成します。

# genfstab -p /mnt >> /mnt/etc/fstab

さて、/mnt にchroot しましょう。arch-chroot というスクリプトがあるので それでchroot します。

# arch-chroot /mnt

次のことをします。

  • /etc/hostname にhostname を書く

  • localtime のリンクをはる

    # ln -s /usr/share/zoneinfo/Asia/Tokyo /etc/localtime
    
  • locale の設定を/etc/locale.conf でする。

  • /etc/locale.gen で必要なもののコメントを外す

  • 必要なら/etc/mkinitcpio.conf を設定してから

    # mkinitcpio -p linux
    

    する。

  • grub をMBR にインストールする

    # grub-install /dev/sda
    

    grub の設定ファイルを作成する。

    # grub-mkconfig -o /boot/grub/grub.cfg
    
  • root パスワードを設定する

    # passwd
    

ここまで出来たらchroot 環境を抜けて/mnt 以下をアンマウントする。

# umount /mnt/{boot,home,}

これでインストールは終わり!reboot します。

swap の設定

無事reboot 出来たら swap の設定 をします。

# mkswap /dev/sda5
# swapon /dev/sda5

あとは、fstab に次を追加します。

# /etc/fstab の設定ファイル
...
# 次を追加
/dev/sda5 swap swap defaults 0 0
...
けんこふたん